img-1

留学は隠れ蓑に使うと意味が薄れる

留学という制度は、明治のころを思い出しても、とてもいい制度であり、国のため社会のため、そして自分のためにもなるので、多くの人に奨励したいところです。



ところが、最近は、入学試験がうまくいかない、失敗したからということが背景にあり、世間体が悪いからとか、恰好をつけるためとかの、いわば隠れ蓑で留学という道を選ぶ、親御さんや本人も出てきており、多少の心配点が残ります。


志を貫くとか、目指す道を極めるということが動機になっていれば、多少の困難や壁にぶつかっても、打開できるのですが、逃げ道的な動機やうしろめたさがある場合は、そこでもろく挫折する危険性が大きいからです。
したがって、留学を決めるプロセスでは、関係者が確固たる意志を固めることこそが、何を置いても必要なことになります。


では、万が一、本当に入学試験がうまくいかなかった、日本ではどこにも入れないというときには、どうしたらいいのでしょうか。

留学に有効な知識の紹介です。

そのときは、決心を固めたり、決意を強く持つための、一つのきっかけづくりの必要があります。
うまくいかなかったという事実を正面から見つめ、その原因を目を背けずに受け止めるといいことです。

産経ニュースに関してとにかく簡単に調べられます。

これは本人だけでは無理ですから、親御さんが鏡になってあげて、本人自身が見つめ、気づき、受け止める手助けをしてあげることです。
そして、留学に向けた意欲を掻き立てるということです。
失敗したが、新しい道へのチャンスになるから、それにチャレンジしよう、そして今までとは違う自分にチェンジとしようと、意欲を高めるのです。これが三つの頭文字をとって、3CHの法則というものです。
日本のことわざで言えば、「災い転じて福となす」ためのものなのです。

関連リンク

img-2

留学は隠れ蓑に使うと意味が薄れる

留学という制度は、明治のころを思い出しても、とてもいい制度であり、国のため社会のため、そして自分のためにもなるので、多くの人に奨励したいところです。ところが、最近は、入学試験がうまくいかない、失敗したからということが背景にあり、世間体が悪いからとか、恰好をつけるためとかの、いわば隠れ蓑で留学という道を選ぶ、親御さんや本人も出てきており、多少の心配点が残ります。...

more
img-3

50歳以上が参加できるシニア向け留学プログラム

留学にも子供が参加できるプログラムやサラリーマンに人気のビジネスなど様々なものがありますが、最近、人気となっているのがシニア向けです。最近はどこの国でも中高年中心のレッスンも珍しくないようで、英語研修プラスゴルフレッスンを体験できるプログラムなどもあります。...

more